授業科目一覧

  • 教育内容
  • 授業科目
基礎分野 情報科学
生命科学
文章表現
人間関係論
文化人類学
家族論
教育学
英語Ⅰ
英会話Ⅰ
英会話Ⅱ
保健体育
組織論
専門基礎分野 生化学
看護形態機能学Ⅰ
看護形態機能学Ⅱ
病理学
治療概論Ⅰ
治療概論Ⅱ
治療概論Ⅲ
病態治療論Ⅰ
病態治療論Ⅱ
病態治療論Ⅲ
病態治療論Ⅳ
病態治療論Ⅴ
専門分野Ⅰ 看護学概論
看護学原論
コミュニケーション論
コミュニケーション技術
フィジカルアセスメントⅠ
フィジカルアセスメントⅡ
日常生活援助技術Ⅰ
日常生活援助技術Ⅱ
日常生活援助技術Ⅲ
日常生活援助技術Ⅳ
診断・治療を助ける援助技術I
診断・治療を助ける援助技術II
看護基本技術
看護過程展開の方法
基礎看護学実習I
基礎看護学実習II
専門分野II 成人看護特性論
成人看護方法I
成人看護方法II
成人看護方法III
成人看護方法IV
成人看護方法V
老年看護特性論I
老年看護特性論II
老年看護方法I
老年看護方法II
小児看護特性論
小児看護方法I
小児看護方法II
小児看護方法III
母性看護特性論
母性看護方法I
母性看護方法II
母性看護方法III
精神看護特性論I
精神看護特性論II
精神看護方法I
精神看護方法II
成人看護学実習I
成人看護学実習II
成人看護学実習III
老年看護学実習I
老年看護学実習II
小児看護学実習(保育園)
小児看護学実習(小児病棟)
母性看護学実習
精神看護学実習
統合分野 在宅看護特性論
在宅看護方法I
在宅看護方法II
在宅看護方法III
看護の統合と実践I
看護の統合と実践II
災害看護と国際看護
看護研究の基礎I
看護研究の基礎II
在宅看護論実習(訪問看護)
在宅看護論実習(地域医療連 携室・地域包括ケア病棟)
統合実習

授業時間

時 限 開始時間 終了時間
1時限目 9:00 10:30
2時限目 10:40 12:10
3時限目 13:10 14:40
4時限目 14:50 16:20

授業風景

理論を学ぶ

1年
看護形態機能学
看護教員が、模型を使い、学生が臓器をイメージできるように説明します。からだのしくみを日常生活に結びつけながら講義をします。
3年
グループディスカッション
患者様にとってより良い看護を行うために、学生間で活発に意見交換を行います。
3年
国家試験対策
3年間を通して、国家試験対策に取り組んでいます。特別講義や個別学習など、手厚く学習のサポートを行っています。夢に向かって努力している学生を応援しています。

実践力を高める

1年
1年生の授業風景
西尾市民病院の実習指導者に患者役になってもらい、本番さながらの演習を行うことで、より良い方法を学生同士で考えます。
2年
一次救命処置
西尾市民病院ACLSチームの協力のもと、心肺蘇生法やAEDの使用方法を学習します。先輩看護師の真剣な眼差しから、命を救う気迫も学びます。
2年
沐浴演習
沐浴の方法を学生自身が自分たちで考えながら実践し、繰り返し練習を行います。新生児をイメージしながら取り組むことで、技術が習得できます。
2年
病院災害訓練
臨場感たっぷりの緊迫した状況の災害訓練に、傷病者役で参加します。迅速なトリアージを見ることができ、確かな技術や心のこもった声掛け、多職種との連携など多くの学びを得ることができます。
3年
病院実習
臨地実習では、今まで学習してきた知識と技術を統合させ、指導者とともに、患者様に看護を実践します。時には医師より患者様の病気の説明を受けることもあります。臨地実習を通して実践力や問題解決能力を身に付けます。

卒業後に 取得できる資格等

看護師国家試験受験資格
保健師・助産師学校受験資格
国家公務員一般職試験(大卒程度試験)受験資格
大学編入学資格
専門士(医療専門課程)の称号